2007/08/16

PBP2007 パリへ戻る

 まだ電車までは時間があるので、fort du Saint-Eynardを出た後は北側をぐるっと。


 一旦1000m弱まで下った後にもう一度1300mまで。
写真では晴れてますが、かなり霧が出ていて体が濡れます。昨日までとは打って変わって寒いくらいです。


 木陰の快適な道を走ります。


 地図ではもっと大きな道だと思ってたのに、寂しい道が続いて不安になってきました。
体も冷えてきて長袖を着込みます。そろそろ町のはずなんだけどルート合ってるんだろうか?電車の時間までに戻れなかったら大変。


 寒い寒いと走っているとようやく街並み。サン=ローラン=デュ=ポン。
よかった、ここからグルノーブルまでは30km。山道を抜けて道幅も広くなり、気温も上がって一安心。


 だらだら走って駅に到着。発車までアジアンな何か、フォーとかパンとかを食べます。
もう乗らないのでビールも飲めるし。


 帰りのTGVは自転車車両つきのヤツでした。
通常の車両は輪行袋に入れなければいけませんが、こいつがついてるとそのまま乗せられます。
前輪をフックに引っ掛けるというスポーツ自転車は不安になる固定方法です。
フックに掛けずにそのまま壁に立てかけてる人もいたので、満車でなければそれでいいのかも。


 行きに乗った一等では無く


 帰りは二等席でしたがそれでも広々。日本の電車狭い席に押し込まれすぎだよなあ。
TGVのチケットは払い戻し不可のヤツなら事前にかなり安く買えます。


 グルノーブルの街もこれで見納め。楽しかったー。


 リヨン駅到着。妻が出迎え予定だったのに探しても見つかりません。電話しても出ません。

 不安になってホテルに戻ったら寝てました。
5日ぶりの再会で、駅でフランス人のように熱い抱擁があったりするわけじゃないの?
全くこの人は。


 「もうちょっとなんとかならんのかね。」と愚痴りながらレストランに行き、


 肉をたらふく食ってやりました。



 もう少し北のほうまで走りに行きたかったな。


 距離のわりに結構登ってたみたい。

■8/16の走行データ
 走行距離:85km
 累積標高:2200m

0 件のコメント:

コメントを投稿