2012年4月28日土曜日

超ロングライドと東北1700

  明日から東北1700ブルベが始まります。
ようやく3月上旬に行ってきた福岡の日記が書き終わりました。
  今年のこの福岡、去年のPBP&ヨーロッパ山岳、一昨年の北海道4000、年1度ペースですがこういった長距離サイクリングを行って思ったことを。


  1週間を越える長距離ツーリングでは、上質で十分な睡眠が重要となります。
この為、私がやろうとしているツーリングというのは、世間一般で考えられているキャンプツーリングとは全く異なるものであると考えています。
  ランス本ではランスはシーズン中は10時間寝るようなことが書いてありました。我々素人も、こういったツーリング中は普段より多め、最低8時間の睡眠は必要でしょう(もちろん個人差はあるでしょうが)。

  結局のところ、長距離を走るというのは睡眠時間と走行時間の兼ね合いなのです。
以前北海道1200ブルベに自走で行った際は、1日300~350kmペースで走った結果、1週間後にはどうしようも無い、寝ておきても全く回復しないような疲労感を味わうことになりました。
  福岡程度のペースであればそこまで疲れることはありませんでした(それでも福岡400の翌々日はかなりの疲労感があった)。15時間走って、食事や準備で1,2時間、8時間寝る、くらいが毎日続けるツーリングとしての限界かなあと感じています。

  明日の東北1700km。おそらく申し込んでいるのは猛者どもですから問題無いと思いますが、人によっては睡眠時間が十分にとれずにどんどん衰弱していく状況に陥るかもしれません。PBP1200kmなど、4日間くらいは無理がなんとか通用しますが、それ以上になるとかなり厳しくなってきます。

  ロングライドは一に回復、二に回復です。十分睡眠をとって余裕を持って完走しないと。
って私は全くの準備不足で、初日600の途中の宿調べてないんだよね。ここで無理して寝不足のまま600km走るんじゃなくて、しっかり休んで次に繋げるのが重要と考えているのだけれど。

0 件のコメント:

コメントを投稿