2017/06/26

2016RAWその7:砂漠へのエレベーター

  2016/6/14 日本時間4:33。2度目のRAWがスタートした。

  カメラマンの間を抜け、ビーチ沿いの道を左折し、踏切を超えるとそこからはもうサポートカーとは別ルート。
  ここオーシャンサイドの市街地走行を避け、自転車は川沿いのサイクリングロードを12.5km走る。一般の方も走っている小道であり、この間は前走者の追い抜きが禁止されたパレード区間となる。

  ハンドルにつけたアクションカメラのスイッチを入れ、ブツブツと呟きながらペダルを回した。まだほんの序盤、焦ってはいけないと言い聞かせるも、高まる興奮は抑えられずに前走者に追いついてしまった。うーんちょっと遅すぎないかな、ドラフティングは禁止なため10mほど離れて追走。後ろからも一人追いついてきて、3人が一定間隔を空けてサイクリングロードを走る。
  お、パンクしている参加者がいる……。サポートカーのいないこの区間でのパンクは基本自分で修理しなくてはならない。私も車と合流するまでは予備のタイヤなどを積んで走っている。しかしこんなトコでパンクとはついてないね、屋や向かい風の中、サイクリングロード終端に到着、ここからは思いっきり走れるぞ。

  一般道路への合流地点では参加者が何人か溜まっていた。スタートから25分が経過するまでここでスタッフにより止められるようだ。去年はそんなこと無かったのだけど、今年から変わったのだろうか?なんにせよこれでパレード区間で飛ばす必要は全く無いことになる。いい変更だと思う。
  パンクしてた人が後ろから凄い勢いでやってきて、スタッフと話してすぐ通過、私は数分待った後にスタート。ここからは一般道、信号は多少あるが、日本のブルベのような数では無い。停止線のある交差点ではスタッフが監視の目を光らせているが、赤信号であっても自転車は右折できるため、かなり快適に走り続けることができる。
  ……もっとも広域農道のようなアップダウンが暫くずっと続くのであるが。

  一般道に出てもまだサポートカーとは合流できない。38km地点の合流地点まではサポートカーとは別ルートだ。私は眠気に弱いという、こういったエクストリーム系ロングライドでは致命的な弱点があるが、速度に関してはそんなに遅いわけではない。そんなわけでアップダウンを繰り返す中、前を走る参加者を次々と追い抜いていく。

  去年はブラジル人のFabioが私と同じくらいの登坂能力で、しかもスタートがすぐ後ろだったため抜きつ抜かれつの展開となった。たぶんこれにより少しオーバーペースになっていたかもしれない。
  今年は競う相手もいずにマイペース。そろそろサポートカーとの合流地点かな、とトランシーバーを意識しているとノイズと共に音声が聞こえだし、直後、最初の合流地点が現れた。トランシーバーの通話範囲短いな、もう少し大型のものを買えば良かったか。


前にスタートしたチーム部門のサポートカー

  最初の合流地点は駐車場となっている、写真のように車を道路に止める場合は白線の外側に1.5m以上のスペースを確保せねばならず、止め方が悪いとペナルティとなる。
  サポートカーといっても常にレーサーの後ろについて走っていい(ダイレクトサポート)のではなく、交通量の多い西海岸、即ちこのRace Across the Westの殆どは、日中は車は先回りで路肩に一旦停止し、車から降りたクルーが手渡しで補給を行うことになる(リープフロッグサポート)。


クルーが車から降りる場合、反射ベストの着用が義務付けられる


最初の補給係はひであさん

  私が止まらずに通過するものと思ってか、走りながらボトルを渡す準備をしていたので「止まる止まる」と叫んで停車。パンク修理セットのツール缶を渡し、新たなボトル2つとフレーム上部の補給食入れ、ジェルを1パック受け取った。

  ここから最初のチェックポイント、TS1:Lake Henshawまではアップダウンを繰り返しながら登りが続く。公式データによれば91.7kmで1967mの獲得標高。いきなり山岳コース並みの厳しさだ。海岸から離れるにつれ、空の色はどんどん青くなり、日差しは凶悪さを増していく。


その後の補給は停車せずに

  我々のチームはリープフロッグの回数が少ない!やはり去年と同じように、走りながら他のチームを見るとそう感じる。去年はそれで適切な補給を受け取ることができずに文句を言ったが、サポートカーが止まれる場所は白線の外側にスペースがある場所だけと限られており、そういった場所は他のチームとの取り合いとなってなかなか停車場所が無いそうだ。


車を止めて、降りてすぐ準備してと、クルーも大変

  今回は去年と比べると暑くない。気温はまだ35℃程度、これなら頻繁にドリンクを受け取らなくても大丈夫と、停車間隔に対して強く要求することはなかったけど、荒れた路面の下りでボトルを落としてしまった後は少しヤバかった。RAW/RAAMでは安全のため、自転車がコースを逆走(反対車線に渡っても)することは禁止されており取りに戻れないのだ。ボトル落としてごめんなさい。

  それに登りでは、同じ距離であっても時間は長くかかることになり、車からではその辺りの感覚を把握しづらい。「サポートカーの停車間隔が長い」は私の気のせいかなと、後日他のRAAMチームとのタイムラプス画像を比べてみたところ、我々チームが8回、他のチームは20回(10回/時ペース)だった。停車回数が増えるほどクルーの負担は増すためどのくらいが適切なのかはもっとよく考えねばならない。次回以降の課題にしよう。


情緒が無い

  アメリカに住んでいた加藤さんが「アメリカ人はとにかく真っ直ぐに道をつくって登り下りに情緒が無い」と言っていたのを思い出す。ただ直線で通しただけの頭の悪い道であると。アメリカ人に恨みは無くとも「頭ワリー」と叫びながら、ひたすら続くアップダウンを走る。自転車でそんな道を走るほうがよっぽど頭悪いのであるが。

■TS1:Lake Henshaw(91.7km)


最初のチェックポイントでくつろぐクルー

  経過時間は3:22。グロス平均速度は27.2km。ハードな登りと、序盤のパレード区間を考えたらタイムは上々。去年は3:18と去年より4分「抑えられている」のも悪くない。
  このRAW/RAAMのチェックポイント、なんとチェック方式は「電話」だ。クルーが本部に電話で時間を伝えることで通過確認となる。レーサーは停車する必要は無い。

  湖を越えたあとは400mほど登り、標高1200mのピークを越えると海抜0mまで一気に下る。ついに砂漠とのご対面だ。


大きな左カーブの先には


絶望が広がっている

  グラス・エレベーターと称されるこの下りは、過去何度か大きな事故が発生している。道幅は広くカーブもきつくないものの、下界から吹き上げてくる熱風が強烈だ。路面、特に端の舗装状態は快適とはいえず、ひび割れにタイヤを取られたり、パンクでもしたら一大事となる。


  既にバッテリー切れで停止していたアクションカメラのスイッチを入れたら、少しだけ撮影できた。しかし砂漠が目の前に広がるのはこの直後…もう少し動画撮りたかったな。

2017/06/23

2016RAWその6:スタート前のひととき

■6/14
  クルーの皆が朝起きて最後の買出し(氷など)に行く中、一人ギリギリまで寝続ける私。ホントは目が覚めちゃったりもしてたけど、とにかくギリギリまで体力の消耗を抑えないといけません。


宿泊ハウスのオーナー、ジェフともお別れ

  ジェフも奥さんもRAW/RAAMのことは知らなかったようで「自転車でどこまで行くの?」「コロラドまで」「3日で?!」みたいに驚いていました。狭いホテルの部屋と違い、3日間快適に過ごせて良かったです。


サポートカーには日の丸が

  おー、赤テープと黒テープ使って上手くできてるじゃん。
  「日本代表」みたいな気は全くないのだけれど、国旗の飾りつけた各チームのサポートカー見てちょっと羨ましく思っていたのよね。PBPでも思ったけど、どこから来たのかって情報量増えるだけで会話も増えるし、こういうイベントで国旗大事。

  車に乗ってスタート地点へ。
  サポートカーの駐車場はゼッケン番号順に止める場所が決まっています。どこのチームも車がデカいので、後から来ると駐車するのも大変です。なのでここは少し早めに移動します。

  スタートまではダラダラと他のチームの車などを観察。


このピンクいいねえ、目立つねえ


RAAMはスピーカー付きが多い

  街中では流しちゃダメとか、地面からの高さとかルールで決まっています。何もない直線を昼夜走り続けるRAAMでは音は重要なのかもしれません。眠気防止にもなるし。
  我々のチームも終盤は小さなブルートゥーススピーカーを車前方に置き、音楽を流しますが、即席システムだったこともあり三和さんのiPhone破戒という悲しい末路を遂げます。


このチームの棚は整頓されてるなあ

  ま、今回は我々もそれなりに準備してるし、前回のような「半日にして虫の進入を許すような惨憺たる状態」な車内にはならないかと思われます。


ニコルのチームを見つけてまた加藤さんが行く

  加藤さんによると、このクルーチーフは彼女に絶対の信頼を置いてるのが話してて感じられたと。「これまでスイスで山岳を走ってきた彼女が完走できないわけがない」と。
  いいねえ、信頼、ウチらのチームにないのはそれですよ、それ。どうもすみません。


並んで写真を


なんかこれ、ド変態みたいじゃねえか

  さて、そろそろスタート時刻が違づいてまいりました。レーサーはサポートカーから離れ、スタート地点の待機場所へと移動します。


頑張りましょ


開会式の様子

  参加者数十人の小さなイベント、その少人数のアメリカ横断なんてバカげた夢のため、多くのスタッフが動いてくれています。でも開会式の雰囲気はやっぱりこじんまりした感じです。
  アメリカ国家に何の思い入れも無いのですが、これから走る大地を想像してグッとくるものがありました。

  ここでスタッフのおじさんから話しかけられました。おじさんというよりお爺さんかな、ロードオブザリングのゴラムのような、ちょっとホネホネした感じの方です。
  「去年は大変だったね」と。私が去年も参加したこと、砂漠の暑さでリタイアしたことを覚えていてくれたようです。そうだ、私もその人に見覚えがあります。確か杖をついていたような…

  「去年は杖をついていたんだよ」どうやら手術が上手くいったようで、今では杖無しで歩けるようです。膝の手術跡を見せ、ニッコリとスクワットまでしてくれました。
  直後、急に真剣な目になりこちらを見つめ「私の目を見るんだ、これは魔法だ。アナタは絶対完走できる。なぜならこれは魔法だからだ。」…爺さん、ありがとう…泣けるわ。


1分置きにゼッケン順にスタート

  私の前の人は居ません。スタッフから「君の前の人はいないから、もう一分、間が空くよ」と説明を受けています。
  「大丈夫、わかってますよ」「君がわかってるのは知ってるさ、でもさ、彼、昨日練習中に事故に遭ったらしいんだ。信じられるか?これまでずっと努力してきて、前日に事故だぜ。考えられるか?神はいるのか?」

  そう、このレースが素晴らしいのは、スタッフの皆さんが参加者に敬意を持って接してくれていること、それが伝わってくるところです。スタート整理のオッチャンが、参加できなかった一人の参加者を想い嘆く。さっきの爺さんといい、スタート前から涙腺崩壊イベント連続です。
  ちなみにこの事故に遭った方、体は無事だったようで、1時間程遅れてスタートし完走しています。1時間遅れてのスタートが認められるところもまた素晴らしいですね。


サポートカーは待機場所から徐々に移動


スタート地点でレーサーと合流


んじゃ、ちょっと1500km走ってくるわ

2017/06/21

2016RAWその5:あわや出走前ペナルティ

■6/13
  RAW/RAAMには事前に参加しなければならないイベントがいくつかあります。
  大きなものがインスペクション(車、自転車の審査)、写真撮影、クルーチーフミーティング、レーサーミーティング、このうち後者2つのミーティングは日時固定、最初の2つはチーム単位で事前に時間を登録しておきます。前年はインスペクションで何か指摘されたら困るから、と1日余裕を持たせた前々日の時間を選びましたが、馴れている今回はレース前日に集中。

  スケジュールは
09:30 インスペクション
10:30 写真撮影
13:00 クルーチーフミーティング
17:00 レーサーミーティング

  まずは朝食後、インスペクションが行なわれる本部脇の駐車場へ。

  去年と同じく車の横に自転車や装備品を並べます、しかし、9時になってもスタッフの姿は見えません。
  我々は9:30からだけど、その前に9:00~のチームもあったはず。参加者もスタッフも一人も居ないのは変じゃない?と念の為妻が本部に確認しに行きました。すぐに走って帰ってくる妻、「場所が違う!」

  車に自転車を投げ込み、急いで正しい審査場所へ。良かった間に合った~。
  RAWにはルールが書かれたルールブック、ギアブックと重要な書類が2冊あって、そのうち片方が去年と同じままで更新されずに古い場所になっていたようです。本部に正しい位置が貼られていましたが、我々は誰も気づいておらず、あやうくインスペクションに遅刻するところでした。

  RAW/RAAMはレースです。ルールに違反するとペナルティーが走行時間に加算されます。事前ミーティング遅刻や、サポートカーの停車位置が道路から一定以上離れていない、といった軽微な違反は1時間のペナルティー。
  ちなみに1発失格(記録無効)になるペナルティも結構あります。レーサーやクルーのアルコール検出は当然として、夜間サポートカーと一緒に走っていない、本部に連絡せずにコースから離れるといった行為も失格です。更に前述の1時間ペナルティーが5つ溜まると失格になります。

  毎年レース前に既にペナルティー状態なチームは幾つか出るのですが、今回我々がそれにならなくてよかったです。走る前から1時間ビハインドを負うのは堪りません。


審査を受けてサイン

  自転車、装備(反射材やライト、尾灯、ヘルメット等)の他に、車が正常に機能するか(ウインカーやライト、低速走行時のアンバーライト)もチェックを受けます。
  無事インスペクションが終わってホッとしていると懐かしい顔が。


アンドリュー!

  実は去年はこんな髭面じゃなかったので、ゼッケン番号見て気づきました。彼、去年運ばれた病院の先客なのです。
  「ホスピタル・バディー」ということで、お互い去年の雪辱を果たせるよう、健闘を祈ります。

  この駐車場にはRAAMのサポートカー、自転車の後ろについて走るフォロービークルではなく、幹線道路を先回りして(主にウォルマートで)中継基地となるRVが沢山止まっていました。


やっぱりデカいな…

  キャンピングカー以外にも、観光バスにゼッケンを貼っているチームも。

  インスペクションの後は写真撮影へ。


今年は動画も


チーム皆で

  んー人数揃うとやっぱピンク過ぎるかな。加藤さんからは「もっと普通に着れるデザインのジャージを」言われたし、次作る時はレーサー以外は灰色ベースで差し色ピンクにしようかしら。


RAAMショップ

  フィニッシャージャージのサイズを告げた後、TシャツやソックスなどRAAMロゴ入りグッズを買います。結構高いんだよね。

  昼食はアービーズへ。


ハンバーガーではなくローストビーフサンドイッチ


購入時に名前を聞かれます

  暫く席で待ち、でき上がると名前が呼ばれます。日本人なのでなんかもう名前がメチャクチャで呼ばれました。


スープに浸して食べるヤツ

  DIY部長の加藤さんが昨日からL字フックL字フック叫んでいたので買出し、ウォルマート。底の浅いトレイが小物の整理に役立つからと追加購入しようとしたところ全て売り切れ。使えそうなものはRAAMチームに買い尽くされてしまっているようです。L字フックも見つからず、近くの1ドルショップへ。そしたら棚や工具類が沢山あって、最初からウォルマートじゃなくてこっちくれば良かったねと後悔、次回は覚えておかないと。

  続いて図書館に移動、クルーチーフミーティングです。これはチーフである妻だけ行けばいいのですが、ルールなど重要なことが説明されるので皆で出席します。


まだ誰もいない…


前のほうの席で代表の話を聞くのですが…

  隣の三和さんが時折イビキを立て始めるのです、こんな前の席を陣取っておいて。
  恥かしいのでその度にヒジでツンツンして起こしていました。加藤さんはそのどこでも瞬時に寝れる姿を見て「オレ以上だ」と安心していました。ドライバーは自分が運転してない時はしっかり寝ないといけませんからね。


ふとっちょのジムは相変わらず

  夜間走行で前走者を抜く場合のサポートカーの動き、といった細かいルールの他に、「砂漠に車を止める際は植物の上には絶対に止めるな、完全に乾燥しているので車の熱で燃える。この話を冗談だと思ってるチームの車が2年に1回くらい燃えている」といった恐ろしい話を聞かされます。ちなみに前回車が燃えたチームは燃える車の中から荷物を外に投げ出してレースを続行したらしいです。


本部に戻り参加報告

  レーサーミーティングを除く全てのイベントに出席したことを告げます。実はインスペクションで審査した人が1枚サインするの忘れていたようで、サインが無い!と焦りました。装備に問題無しサインはあるのに審査したサインが無いのはおかしいって、OKになりましたけど。


スタート時刻が発表されています

  12:33、日本時間翌4:33が私のスタート時刻です。1分置きの時差スタート、ドラフティングは許されません。
  レーサーミーティングまで時間があるなあ、ビーチでゴロゴロしますか。ひであさんは桟橋にまで行ってましたが、私も妻も去年見てるから今年はいいや。


ボケーっと過ごす


三和さんの一眼が火を吹…

  …いたようですが、写真はあまりありませんでした。これで全部というのはウソかもしれません。


よく見るとベンチが星条旗

  時間が来てレーサーミーティング開始。


体育館一杯の参加者

  RAW/RAAMの参加者は合計で数十人という規模とはいえ、スタート日時が違う複数人RAAMチームを除くすべてのチームが集まり、それなりの人数になります。我々は前回と同じく一番前の席に。


スタッフ席のすぐ後ろ


三和さんすぐ寝るとか言っておきながら…

  はい、私も寝てます。時差もあったし、これまで準備で疲れているのです。
  このレーサーミーティングは、ミーティングというよりはスタッフや協賛、それにレーサーの紹介がメインとなります。去年はいきなり名前を呼ばれて焦りましたが、今年は心の準備はバッチリです。


去年も居たよね?と声かけられてます


中央、サラ・クーパーの話はレース日記で

  去年は48℃を超える灼熱地獄でRAWの完走率は1/3でした。前年のリベンジと今回闘志を燃やす者は私とアンドリューの他に2人。去年完走したブラジル人のファビオはエントリーリストには載っていたものの、来ていないみたい。

  前座の我々RAWレーサー紹介の後は、いよいよRAAMレーサー。世界記録保持者で去年途中リタイアしたストラッサーは今年は参加していません。そんな状態で我々の目を引くのは女性。


ジュリアナ

  彼女は2014年のTrans Am Bike Race、女性優勝者で女性記録も持っています(2016年に別の人に塗り替えられました)。TransAMはアメリカ横断レース、RAAMと違ってサポート無し、単独走で自ら補給しつつ走るという、ブルベに近いスタイルのレースです。
  この時我々は羨望の眼差しで彼女を見ていたのですが、その後その評価はガクっと落ちることになります。まあその話はまた、別の機会にでも。

  57歳のレジェント、シアナ・ホーガンは相変わらずの若さ。しかし今回一際目立っていたのは、


32歳のニコル

  ちょっとボーイッシュな感じもする彼女は、とにかく小柄。
  加藤さんがしきりに「えーあんな華奢な娘が走れるのー。おじさん心配になっちゃうよ」と呟いています。


チームも揃っててカッコいい

  レーサーミーティングが終わった後も、興味津々な加藤さんはチームに話しかけていました。


体格のいいオバチャンがチーフっぽい

  彼女はスイスのクライマーで、山を走りまくっているそうです。

  宿に戻り、さて私は寝るのが仕事。軽く食事を食べた後は一人ベッドに入ります。去年よりは気負っていないかな、今年は今年でまた別の緊張もあるけどね。寝付けなくても横になってるだけで…と考えていたらグッスリ眠りについていました。


クルーの皆はその間作業

  車の中で食べるサンドイッチ作ったり、「他のチームのように車に国旗つけたい」を実現させるべく赤のテープを丸く切ったり、夜遅くまでいろいろやってくれていたようです。

2017/06/16

2016RAWその4:買い出しの一日

■6/12
  おはようございます。車や都会の騒音ではなく、小鳥の鳴き声が聞こえる気持ちのいい朝です。


朝ごはん

  買っておいたパンや牛乳などを並べてダラダラと朝ごはん。ホテルの朝食や外食もいいけど、こうやってダイニングで食べるのもいいね。

  ミーティングや写真撮影、車検などのイベントはレース前日に全て寄せたため、この日は丸一日やることなし。いや、買い出しや車の準備など、やることは沢山あります。できれば試走もしたいしなー。


フロントガラスのシール

  このRace Across the Westのシールをフロント上面に貼ると、サポートカー感が強まります。


サポートカー背面

  ドアが観音開きなので「前方バイク注意」の反射材は中央で切って貼り付け。皆の作業中、私はクラウドファンディングで買った撮影用小型ドローンで遊んでいて「仕事しろ!」と怒られてました。ちなみにそのドローンは上手く飛ばず…

  車に貼るゼッケン等の準備が一通り済んだ後は、ウォルマートへ買出しに行きます。


海外行くといつもサイズにビビる

  買い物している何チームかと出会います。


枕?

  他のチームのカートは参考になりますね。枕いいんじゃない?と我々も買うことに。


DIY部長におまかせ

  スチロールのチューブなんて何に使うの?思ってたら、切込み入れてバイクのハンドルやフレームに被せ、車内での保護に役立ててました。なるほど、この買い物は大当たりですね。


ツッパリポールを利用した物掛け


ウォーターサーバはドア前の段差を利用

  棚も配置し、かなりサポートカーらしくなってきました。去年とは大違いです。これらのアイテムは全部ゴールで捨てていくことになるのですが、数日間の快適度を上げるためには勿体ないなんて言ってはいれません。

  宿に戻るころには青空が広がってきました。
  ここオーシャンサイド、去年もそうだったけど朝や夕方はイマイチ天気が良くないことが多いのかな?だいたい昼くらいから晴れてきます。


気持ちよさそうな青空


はあ、ゴロゴロしてえ


ジェフの庭はいろいろ楽しい


食事へ


昼食はハンバーガー

  午後からは少し試走に行ってみましょ。ボトル受け渡しのタイミングなんかも練習したいし。


オーシャンサイドを離れて


内陸へ


かなりのアップダウン


ビーフラインみたいだなと加藤さん

  ビーフラインは埼玉ブルベで使われる広域農道、アップダウンが続く参加者大絶賛の道です。このRAAM/RAWのコース、最初のチェックポイントTS1までは91.5km、獲得標高は1967mあるのです。超山岳ブルベクラスですなー。


次第に木々が減っていきます


TS1、Lake Henshaw


TTバイクで


ボトル受け渡し

  リープフロッグの間隔や、無線のテストをし、軽く流して終了。
  クルーもいきなり本番だと焦るだろうし、TS1までのルート確認含めて練習できてよかったです。

さて夕食準備、のついでに


水、大量購入


ピザ、ピザ

  ここで購入したワインを店に忘れるという大失態をやらかしますが、ワインの値段は1本10ドル以下。また買いに戻りました。


この白ワイン美味いよねーなんて言いながら


今夜も平和に過ぎ去ります

  ま、呑気に飲んでいられるのもあと1日ですからね。